女性に多い!出産後の抜け毛・薄毛の原因は?

女性に多い!出産後の抜け毛・薄毛の原因は?

商品ID:9991711_01
男性ばかりではなく女性にとってもデリケートな悩みになりつつある抜け毛・薄毛についてですが、
加齢や遺伝以外にも抜け毛・薄毛になる原因があることが分かってきました。
今回は、出産後に起こりやすい抜け毛・薄毛の原因とその対策についてのお話です。

●出産後に起こる抜け毛・薄毛とは?

出産後の女性に起こる抜け毛・薄毛を「産後脱毛」と呼びます。
主な原因は妊娠・出産にともなって女性ホルモンのバランスが乱れることにありますが、具体的にどのようなことが体内でおきているのでしょうか。詳しくまとめてみました。

・女性ホルモンとは?
女性ホルモンには、主にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストロン(黄体ホルモン)があります。
エストロゲンは、卵胞を成熟させる働きのあるホルモンです。
女性らしい体を作るために肌を健やかにして免疫力を保つなどの働きがあります。
プロゲステロンは、子宮内膜を厚くして胎児のベッドを作る働きの他に、 体温の上昇、栄養や水分を体に蓄える作用など複数の作用により妊娠に適した体を作る働きがあります。
どちらも妊娠・出産の際になくてはならないホルモンです。

・出産前後の体の変化とは?
出産前~月経中は、エストロゲンとプロゲステロンが規則的に交互にバランスを取るシーソーのような関係性にありますが、妊娠後は胎児と母体を守るためにどちらのホルモンも分泌量が妊娠前の状態に比べて増加します。
出産後には女性ホルモンは通常の分泌量へと戻りますが、この時、長期間増加していたホルモン量が急激に減少するため、体が急な変化についていけなくなり、様々な症状が起こることがあります。抜け毛・薄毛もこの時期に起こりやすくなっているので注意が必要です。

・女性ホルモンと薄毛の関係とは?
エストロゲンは、肌や髪の毛の新陳代謝を促進して髪の発毛を促す働きのあるホルモンです。
プロゲステロンは、髪が成長を行う時期である成長期を維持します。
妊娠中はどちらの女性ホルモンも分泌量が増加しているため、毛髪の成長は維持されていますが、
出産後はホルモンの分泌量が急激に減少するため、「成長期」「退行期」「休止期」というヘアサイクルが乱されてしまい、一度に休止期に入ってしまう際に大量の抜け毛・薄毛といった症状が現れることとなります。

●出産後の抜け毛・薄毛はいつ起こるの?

出産後に起こる抜け毛・薄毛は一過性のものが大半で、一般的には産後6カ月~1年程度で元に戻ることが多いようです。
出産直後はヘアサイクルが休止期に移行しますが、約2~3カ月の休止期を過ぎた後は成長期へと自然と移行し、女性ホルモンのバランスも整ってくるので改善に向かいやすいと考えられています。

●出産後の抜け毛・薄毛の対策方法は?

一過性のものであるとはいえ、できることなら抜け毛・薄毛の期間を短くしたいです。
大事なことは、出産後に健康的な生活をして、抜け毛・薄毛の進行に悪影響を与えないことです。
代表的な対策方法について、いくつかご紹介しましょう。

・過度なダイエットはやめる
出産後に増加した体重を大幅に減らした場合、急激に栄養が不足することでホルモン分泌などに悪影響となります。 出産後に減量を行う時には、必ず医師や看護師などの専門家の指示に従いましょう。

・骨盤の歪みを整える
出産後は骨盤が開いた状態になり、出産前と比較するとゆるみやすくなります。
開いた状態で放置していると、子宮周辺の血流が悪くなることで
エストロゲンの生成に重要な卵巣へ十分な栄養を与えることができなくなるため、
骨盤の歪みによってホルモンバランスが乱れやすくなります。

・睡眠をしっかりとる
育児や授乳でなかなか眠れない方も多いと思います。
22:00~2:00の間はお肌や髪の毛の成長に必要なゴールデンタイムと言われています。
老廃物の代謝や細胞の活性化が行われる時間帯のため、なるべくその間の時間帯に眠れるようにしましょう。 慢性的な睡眠不足を感じている場合は、短時間の昼寝を行うのも効果的です。

・ストレスを避ける
出産後は育児の悩みからストレスを抱える方が多く、抜け毛の大きな原因になっています。
パートナーや周囲の方々に悩みや不安を相談できるように、妊娠中から環境を整えるようにしましょう。
頭皮のヘアマッサージやツボ押しなどもリフレッシュ効果があるのでおすすめです。

・イソフラボンを摂取する
女性ホルモンと構造が似ているイソフラボンは、女性ホルモンが不足した場合に摂取すると効果的です。
特に出産直後の女性ホルモンが極端に減少している時期に摂取することで急激な薄毛進行の抑制が期待できます。

●専門家に相談するのも効果的です

通常、自然に改善することが多い産後脱毛ですが、まれに改善しないケースもあります。もし、一人で複数のお悩みを抱えている場合や心配事が長期間に及んでいるような時には、専門家に相談することで解決策が見つかることもあります。
専門店では、現在の髪の状態を確認し、弊社(リーブ21)のように具体的な対策やアドバイスを行う無料カウンセリングを実施しているところもあります。自分一人で抱え込まずに、ぜひお気軽にご相談ください。
  • お客様の声
  • 商品詳細
  • 成分
  • 使用方法
  • 使い方・ケア方法

    男性ばかりではなく女性にとってもデリケートな悩みになりつつある抜け毛・薄毛についてですが、
    加齢や遺伝以外にも抜け毛・薄毛になる原因があることが分かってきました。
    今回は、出産後に起こりやすい抜け毛・薄毛の原因とその対策についてのお話です。

    ●出産後に起こる抜け毛・薄毛とは?

    出産後の女性に起こる抜け毛・薄毛を「産後脱毛」と呼びます。
    主な原因は妊娠・出産にともなって女性ホルモンのバランスが乱れることにありますが、具体的にどのようなことが体内でおきているのでしょうか。詳しくまとめてみました。

    ・女性ホルモンとは?
    女性ホルモンには、主にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストロン(黄体ホルモン)があります。
    エストロゲンは、卵胞を成熟させる働きのあるホルモンです。
    女性らしい体を作るために肌を健やかにして免疫力を保つなどの働きがあります。
    プロゲステロンは、子宮内膜を厚くして胎児のベッドを作る働きの他に、 体温の上昇、栄養や水分を体に蓄える作用など複数の作用により妊娠に適した体を作る働きがあります。
    どちらも妊娠・出産の際になくてはならないホルモンです。

    ・出産前後の体の変化とは?
    出産前~月経中は、エストロゲンとプロゲステロンが規則的に交互にバランスを取るシーソーのような関係性にありますが、妊娠後は胎児と母体を守るためにどちらのホルモンも分泌量が妊娠前の状態に比べて増加します。
    出産後には女性ホルモンは通常の分泌量へと戻りますが、この時、長期間増加していたホルモン量が急激に減少するため、体が急な変化についていけなくなり、様々な症状が起こることがあります。抜け毛・薄毛もこの時期に起こりやすくなっているので注意が必要です。

    ・女性ホルモンと薄毛の関係とは?
    エストロゲンは、肌や髪の毛の新陳代謝を促進して髪の発毛を促す働きのあるホルモンです。
    プロゲステロンは、髪が成長を行う時期である成長期を維持します。
    妊娠中はどちらの女性ホルモンも分泌量が増加しているため、毛髪の成長は維持されていますが、
    出産後はホルモンの分泌量が急激に減少するため、「成長期」「退行期」「休止期」というヘアサイクルが乱されてしまい、一度に休止期に入ってしまう際に大量の抜け毛・薄毛といった症状が現れることとなります。

    ●出産後の抜け毛・薄毛はいつ起こるの?

    出産後に起こる抜け毛・薄毛は一過性のものが大半で、一般的には産後6カ月~1年程度で元に戻ることが多いようです。
    出産直後はヘアサイクルが休止期に移行しますが、約2~3カ月の休止期を過ぎた後は成長期へと自然と移行し、女性ホルモンのバランスも整ってくるので改善に向かいやすいと考えられています。

    ●出産後の抜け毛・薄毛の対策方法は?

    一過性のものであるとはいえ、できることなら抜け毛・薄毛の期間を短くしたいです。
    大事なことは、出産後に健康的な生活をして、抜け毛・薄毛の進行に悪影響を与えないことです。
    代表的な対策方法について、いくつかご紹介しましょう。

    ・過度なダイエットはやめる
    出産後に増加した体重を大幅に減らした場合、急激に栄養が不足することでホルモン分泌などに悪影響となります。 出産後に減量を行う時には、必ず医師や看護師などの専門家の指示に従いましょう。

    ・骨盤の歪みを整える
    出産後は骨盤が開いた状態になり、出産前と比較するとゆるみやすくなります。
    開いた状態で放置していると、子宮周辺の血流が悪くなることで
    エストロゲンの生成に重要な卵巣へ十分な栄養を与えることができなくなるため、
    骨盤の歪みによってホルモンバランスが乱れやすくなります。

    ・睡眠をしっかりとる
    育児や授乳でなかなか眠れない方も多いと思います。
    22:00~2:00の間はお肌や髪の毛の成長に必要なゴールデンタイムと言われています。
    老廃物の代謝や細胞の活性化が行われる時間帯のため、なるべくその間の時間帯に眠れるようにしましょう。 慢性的な睡眠不足を感じている場合は、短時間の昼寝を行うのも効果的です。

    ・ストレスを避ける
    出産後は育児の悩みからストレスを抱える方が多く、抜け毛の大きな原因になっています。
    パートナーや周囲の方々に悩みや不安を相談できるように、妊娠中から環境を整えるようにしましょう。
    頭皮のヘアマッサージやツボ押しなどもリフレッシュ効果があるのでおすすめです。

    ・イソフラボンを摂取する
    女性ホルモンと構造が似ているイソフラボンは、女性ホルモンが不足した場合に摂取すると効果的です。
    特に出産直後の女性ホルモンが極端に減少している時期に摂取することで急激な薄毛進行の抑制が期待できます。

    ●専門家に相談するのも効果的です

    通常、自然に改善することが多い産後脱毛ですが、まれに改善しないケースもあります。もし、一人で複数のお悩みを抱えている場合や心配事が長期間に及んでいるような時には、専門家に相談することで解決策が見つかることもあります。
    専門店では、現在の髪の状態を確認し、弊社(リーブ21)のように具体的な対策やアドバイスを行う無料カウンセリングを実施しているところもあります。自分一人で抱え込まずに、ぜひお気軽にご相談ください。