抜け毛や薄毛にお悩みの方に最適なシャンプーとは

抜け毛や薄毛にお悩みの方に最適なシャンプーとは

薄毛・抜け毛に最適なシャンプーとは?

最近薄毛が気になってきたという方の中で、まずは、シャンプーを見直したいという方も多いと思います。 一般的な市販シャンプーの成分にはさまざまな種類があり、どれが今の自分に合っているのか 困っている方もいるのではないでしょうか。

「ノンシリコン」などと銘打ったシャンプーが販売されていますが、本当に期待する効果があるのかと疑問に感じて、手には取りにくい場合もあるでしょう。今回は「抜け毛・薄毛に最適なシャンプー」についての特集です。

薄毛の方は要注意!市販のシャンプー成分について

一般的なシャンプーの洗浄成分である界面活性剤は、主に「高級アルコール系」「石鹸系」「アミノ酸系」に分類されています。

・高級アルコール系
代表的な成分例)ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸アンモニウム等

市販のシャンプーの大半が、石油合成系界面活性剤を利用した高級アルコール系と呼ばれるものに分類されます。「洗浄力が強い」「泡立ちが良い」「香りが良い」「入手が簡単」「安価である」というメリットがある反面、頭皮や髪の毛に必要な皮脂まで洗い流してしまうというデメリットがあります。


抜け毛や薄毛で悩んでいる方がこの高級アルコール系のシャンプーを使用すると、 紫外線や乾燥から頭皮を保護する役割のある最低限の皮脂まで洗いながしてしまい、外部からのダメージを受けやすくなったり、足りない皮脂を補うために過度に皮脂の分泌が多くなることで、 毛穴が詰まったりするという恐れがあります。 発毛・育毛環境が悪くなるため、薄毛が気になる方は高級アルコール系のシャンプーの使用は控えた方が良いでしょう。

・石鹸系
代表的な成分例)カリ石ケン素地、ラウリン酸カリウム等

自然派の石鹸シャンプーは、昔ながらのシャンプーとして知られています。 洗浄後の石鹸カスは微生物に分解されやすく、環境保護にも有用な成分です。 しかし、弱酸性に位置する頭皮や髪の毛に対して、石鹸シャンプーはアルカリ性と対極に位置しているため、 基本的に洗浄力と刺激が強く、敏感肌の方やアトピーの方には特に不向きです。
石鹸シャンプーは、使用後に必ず酸性のリンスで中和させる必要もあり、 リンスを忘れてしまうと髪の毛がゴワゴワしたり、カラーやパーマが取れやすくなったりというデメリットがあります。
髪の毛のキューティクルがはがれやすくなってしまう場合もあり、薄毛の方にはあまり向いていないシャンプーです。

・アミノ酸系
代表的な成分例)ココイルグルタミン酸、ヤシ油脂肪酸、ラウリン酸等

高級アルコール系・石鹸系の成分よりも洗浄力は弱めで低刺激性なので頭皮に優しい成分です。
乾燥肌やアトピー性皮膚炎の方にも安心して使用することができます。
ヘアカラーやパーマなどで傷ついた髪の毛も、アミノ酸系シャンプーを使うとパサつきが少なくなるため、 美容院でよく販売されることの多いシャンプーです。保湿性が高いため、髪がしっとりと重くなる特徴があり、 ボリュームが出にくくなっているため、天然成分を追加してボリュームアップの作用を加えたシャンプーも 販売されています。適度な洗浄力と低刺激性で薄毛の方に向いているシャンプーです。

シリコンとノンシリコンの違いとは?

シリコンは科学的な合成樹脂のことで、指通りをなめらかにして髪の摩擦を減らす役割で
シャンプーに使用されている成分です。
シリコンシャンプーを使うと広がりやすい髪をしっとりとまとめてドライヤーの熱から髪を守り、 キューティクルを保護するなどの働きが期待できます。

ノンシリコンシャンプーは、その名の通りシリコン成分を含んでいないシャンプーのことです。
洗いあがりが軽くサラサラとした仕上がりになり、髪の毛にボリュームが出やすくなります。
シャンプーを毎日していても、頭皮のフケや痒みが気になるような方は、シリコンアレルギーの可能性があります。 そのような方は、ノンシリコンシャンプーを使うと安心です。

★アミノ酸系ノンシリコンであれば良いかといえば、そうでもありません。

抜け毛・薄毛対策に効果的な洗髪方法

①洗髪前にブラッシングをする
奥にたまった汚れを表面に浮かせる効果があります。 事前に髪の毛をほぐすことで洗髪の際に髪の毛にかかる余計な負担を減らすことができます。

②ぬるま湯で軽く流す
まずはシャンプーを使わずにお湯で軽く流します。
軽いホコリや汚れを落とすことで余計にシャンプーを使わずに済み、頭皮に対する負担も減らせます。

③シャンプーは髪の毛に付ける前に軽く泡立てる
まれにシャンプーを直接頭皮につけて泡立てている方もいますが、先に頭皮全体にムラなくつけるほうが効率的です。

④シャンプー剤を地肌や髪になじませるように軽くもみ洗いをする
泡立ちがしっかりしていれば、ゴシゴシあらわなくても軽い揉み洗いだけで十分です。

⑤すすぎはしっかりと
頭皮にシャンプーの成分が残っていると、毛穴の詰まりや炎症が起きやすくなり、薄毛・抜け毛の原因になります。 洗い残しのないようにしっかりすすぎましょう。

※上記の方法は一例です。 使うシャンプー類によっては、専用の洗髪方法などが指定されている場合もありますので、その場合は専用の洗髪方法に従って下さい。

★但しリーブ21のシャンプーはほぼ100%天然成分で安心ですから、泡が消える程度のすすぎでも心配ありません。

まとめ

正しいシャンプーや乾燥方法は、抜け毛・薄毛の悪化予防に重要です。
抜け毛・薄毛にお悩みの方は、「アミノ酸系」の「ノンシリコン」シャンプーがおすすめです。
気を付けていただきたいのは、「髪にやさしい成分」を強調した商品であっても、基剤以外は、髪によくない成分を助剤として使用している製品もあります。

シャンプーは主成分だけでなく、その他の助剤成分にも注意することをおすすめします。
お近くのスーパーや薬局で取り扱っていない場合には、通信販売を利用し、あなたの体質にあったシャンプーで快適な生活をお過ごしください。

使い方・ケア方法

薄毛・抜け毛に最適なシャンプーとは?

最近薄毛が気になってきたという方の中で、まずは、シャンプーを見直したいという方も多いと思います。 一般的な市販シャンプーの成分にはさまざまな種類があり、どれが今の自分に合っているのか 困っている方もいるのではないでしょうか。

「ノンシリコン」などと銘打ったシャンプーが販売されていますが、本当に期待する効果があるのかと疑問に感じて、手には取りにくい場合もあるでしょう。今回は「抜け毛・薄毛に最適なシャンプー」についての特集です。

薄毛の方は要注意!市販のシャンプー成分について

一般的なシャンプーの洗浄成分である界面活性剤は、主に「高級アルコール系」「石鹸系」「アミノ酸系」に分類されています。

・高級アルコール系
代表的な成分例)ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸アンモニウム等

市販のシャンプーの大半が、石油合成系界面活性剤を利用した高級アルコール系と呼ばれるものに分類されます。「洗浄力が強い」「泡立ちが良い」「香りが良い」「入手が簡単」「安価である」というメリットがある反面、頭皮や髪の毛に必要な皮脂まで洗い流してしまうというデメリットがあります。


抜け毛や薄毛で悩んでいる方がこの高級アルコール系のシャンプーを使用すると、 紫外線や乾燥から頭皮を保護する役割のある最低限の皮脂まで洗いながしてしまい、外部からのダメージを受けやすくなったり、足りない皮脂を補うために過度に皮脂の分泌が多くなることで、 毛穴が詰まったりするという恐れがあります。 発毛・育毛環境が悪くなるため、薄毛が気になる方は高級アルコール系のシャンプーの使用は控えた方が良いでしょう。

・石鹸系
代表的な成分例)カリ石ケン素地、ラウリン酸カリウム等

自然派の石鹸シャンプーは、昔ながらのシャンプーとして知られています。 洗浄後の石鹸カスは微生物に分解されやすく、環境保護にも有用な成分です。 しかし、弱酸性に位置する頭皮や髪の毛に対して、石鹸シャンプーはアルカリ性と対極に位置しているため、 基本的に洗浄力と刺激が強く、敏感肌の方やアトピーの方には特に不向きです。
石鹸シャンプーは、使用後に必ず酸性のリンスで中和させる必要もあり、 リンスを忘れてしまうと髪の毛がゴワゴワしたり、カラーやパーマが取れやすくなったりというデメリットがあります。
髪の毛のキューティクルがはがれやすくなってしまう場合もあり、薄毛の方にはあまり向いていないシャンプーです。

・アミノ酸系
代表的な成分例)ココイルグルタミン酸、ヤシ油脂肪酸、ラウリン酸等

高級アルコール系・石鹸系の成分よりも洗浄力は弱めで低刺激性なので頭皮に優しい成分です。
乾燥肌やアトピー性皮膚炎の方にも安心して使用することができます。
ヘアカラーやパーマなどで傷ついた髪の毛も、アミノ酸系シャンプーを使うとパサつきが少なくなるため、 美容院でよく販売されることの多いシャンプーです。保湿性が高いため、髪がしっとりと重くなる特徴があり、 ボリュームが出にくくなっているため、天然成分を追加してボリュームアップの作用を加えたシャンプーも 販売されています。適度な洗浄力と低刺激性で薄毛の方に向いているシャンプーです。

シリコンとノンシリコンの違いとは?

シリコンは科学的な合成樹脂のことで、指通りをなめらかにして髪の摩擦を減らす役割で
シャンプーに使用されている成分です。
シリコンシャンプーを使うと広がりやすい髪をしっとりとまとめてドライヤーの熱から髪を守り、 キューティクルを保護するなどの働きが期待できます。

ノンシリコンシャンプーは、その名の通りシリコン成分を含んでいないシャンプーのことです。
洗いあがりが軽くサラサラとした仕上がりになり、髪の毛にボリュームが出やすくなります。
シャンプーを毎日していても、頭皮のフケや痒みが気になるような方は、シリコンアレルギーの可能性があります。 そのような方は、ノンシリコンシャンプーを使うと安心です。

★アミノ酸系ノンシリコンであれば良いかといえば、そうでもありません。

抜け毛・薄毛対策に効果的な洗髪方法

①洗髪前にブラッシングをする
奥にたまった汚れを表面に浮かせる効果があります。 事前に髪の毛をほぐすことで洗髪の際に髪の毛にかかる余計な負担を減らすことができます。

②ぬるま湯で軽く流す
まずはシャンプーを使わずにお湯で軽く流します。
軽いホコリや汚れを落とすことで余計にシャンプーを使わずに済み、頭皮に対する負担も減らせます。

③シャンプーは髪の毛に付ける前に軽く泡立てる
まれにシャンプーを直接頭皮につけて泡立てている方もいますが、先に頭皮全体にムラなくつけるほうが効率的です。

④シャンプー剤を地肌や髪になじませるように軽くもみ洗いをする
泡立ちがしっかりしていれば、ゴシゴシあらわなくても軽い揉み洗いだけで十分です。

⑤すすぎはしっかりと
頭皮にシャンプーの成分が残っていると、毛穴の詰まりや炎症が起きやすくなり、薄毛・抜け毛の原因になります。 洗い残しのないようにしっかりすすぎましょう。

※上記の方法は一例です。 使うシャンプー類によっては、専用の洗髪方法などが指定されている場合もありますので、その場合は専用の洗髪方法に従って下さい。

★但しリーブ21のシャンプーはほぼ100%天然成分で安心ですから、泡が消える程度のすすぎでも心配ありません。

まとめ

正しいシャンプーや乾燥方法は、抜け毛・薄毛の悪化予防に重要です。
抜け毛・薄毛にお悩みの方は、「アミノ酸系」の「ノンシリコン」シャンプーがおすすめです。
気を付けていただきたいのは、「髪にやさしい成分」を強調した商品であっても、基剤以外は、髪によくない成分を助剤として使用している製品もあります。

シャンプーは主成分だけでなく、その他の助剤成分にも注意することをおすすめします。
お近くのスーパーや薬局で取り扱っていない場合には、通信販売を利用し、あなたの体質にあったシャンプーで快適な生活をお過ごしください。