発毛と育毛の違いは?効果的な発毛・育毛対策

発毛と育毛の違いは?効果的な発毛・育毛対策

最近なんだか「髪が細くなってきた」「地肌が目立つようになってきた」「髪をとかした時に抜け毛が多い」 と感じている方は、薄毛に一歩近づいているのかもしれません。
今回は薄毛予防に役立つ「発毛」と「育毛」の情報についてまとめてみました。

発毛と育毛の違い

抜け毛でお悩みの方は「発毛」と「育毛」というよく聞く言葉の違いについてご存知でしょうか。
「発毛」とは自分の髪が生えてくることをいいますが、一般的には抜け落ちた髪を再び生えてくるようにすることをいいます。
「育毛」とは、現在残存している髪の毛の成長を助けて、太く長く抜けにくい髪に育てることをいいます。
発毛と育毛は、髪に与えるエネルギーがそれぞれ異なるため、 現在のご自身の状況に合わせてどちらを選択したら良いのかを決めましょう。

市販の発毛剤と育毛剤の違い

名前が示しているとおり、発毛剤と育毛剤の目的は 生やすことと育てることでそれぞれ異なります。
発毛剤と育毛剤についての詳しい内容は以下のとおりです。

<発毛剤>
発毛剤は、すでに髪が抜け落ちた状態となっている部分から、髪を生やすことを目的としています。
ヘアサイクルに関わる指令を出している毛乳頭の働きを活性化させる成分を主に使用しています。
医薬品に分類される発毛剤は細胞に強く働きかける成分を含んでいますが副作用のリスクが高くなります。

血管を拡張して血行を促進することで毛根周辺に栄養が行き渡りやすくするミノキシジルという成分や、 過度に働いている男性ホルモンの働きを抑制することで抜け毛の進行を抑えるフィナステリドという成分が有名です。
医薬品に分類される発毛剤に入っている成分には、血圧低下、頭痛、発疹、勃起不全などの副作用が報告されているので、 一般用医薬品(OTC)の中ではリスクが高いとされる第一類医薬品に指定されています。
医薬品に指定された発毛剤を初めて使用する場合には、専門的な診断を行っている皮膚科のある病院を受診するか、 薬剤師のいる薬局で薬剤師による健康状態の確認後に購入することが望ましいでしょう。

<育毛剤>
育毛剤は、育毛環境をしっかりと整えることを目的にしています。
髪は生えているけれど、細い髪や短い髪が増えている、また毛髪が全体にやわらかく、弱くなってきたという方、 更に今ある髪を抜け毛や薄毛から守りたいという方に向いています。

抜け毛を予防する、フケ・かゆみ・炎症を抑えて頭皮の環境を良くするなどの成分が配合されている場合が多くみられます。
発毛剤がすでに髪が抜けてしまった場合に使用するのに対して、 育毛剤は抜ける前の段階で予防的に使用するという違いがあります。
発毛剤に比べて作用がマイルドな分、効果が弱くなるのは否めません。

薄毛予防に!自宅でできる育毛方法

髪を健やかに保つためには、生活習慣や食生活、ストレスなどの改善も重要です。
薄毛予防のために、自宅でできる育毛方法をまとめてみました。

<食生活>
髪には栄養バランスの良い食生活が必要不可欠です。
こってりとしたお肉や揚げ物などの油物を摂りすぎると頭皮の皮脂が過剰に分泌され、 脂性のフケが多くなったり、毛根に脂が詰まりやすくなったりするなど 髪の毛が抜けやすい環境になります。
ドカ食いや不規則な時間に食事を摂るとで胃腸の機能が低下したり、 消化吸収ができにくくなります。髪に必要な栄養が行き渡りにくくなります。
暴飲暴食は避けて一日三食規則正しいバランスの良い食事を心掛けましょう。
髪に必要なタンパク質と、タンパク質の働きを促進するミネラル類(特に亜鉛やカルシウムなど)、 血行促進・頭皮の健康維持に必要なビタミン類という三つの必要成分は特に積極的に摂取するよう心掛けましょう。

<睡眠>
午後10時~午前2時に分泌がピークになる成長ホルモンは、毛髪の再生促進に必要なホルモンです。
この時間帯は、とくに質の良い成長ホルモンの分泌が増えるといわれていますので睡眠の時間帯も調節することをおすすめします。
夜にぐっすり熟睡できるように睡眠環境を整えるようにしましょう。
寝る一時間程度前にぬるめのお風呂に長めに浸かると熟睡しやすくなると言われています。またストレッチで首や肩をほぐす、 朝に起きた時に明るい光を浴びる、寝る直前にはスマホやPCは見ないなどの習慣を取り入れることをおすすめします。
その他ソファで寝ている人は、ベッドで集中して寝るようにしましょう。

<運動>
散歩やジョギングなどの有酸素運動を定期的に行う、また加えて無酸素運動も取り入れると幅広く筋肉に好影響を与えることになります。
またジョギングは 全身の新陳代謝を促進する作用やストレスの解消にも期待できます。
普段の日常生活で運動する習慣がまったくないという方は、軽いストレッチから始めたり、エレベーターではなく階段を使ったりするなど短時間の軽い運動から無理せず始めていきましょう。

困ったときは専門家へ

現在の自分の毛髪には、育毛ケアが必要なのか、発毛ケアが必要なのか色々な条件に基づいて判断するのは困難な部分もあります。
毛髪ケアを専門的に行っている施設で相談し、頭皮・毛髪のチェックやマッサージ方法、 ご自宅で行えるケアなどの毛髪でお悩みの方に対して一人一人にあった対策方法を知ることができます。
困ったときにはぜひ専門家のノウハウの活用をおすすめします。
  • お客様の声
  • 商品詳細
  • 成分
  • 使用方法
  • 使い方・ケア方法

    最近なんだか「髪が細くなってきた」「地肌が目立つようになってきた」「髪をとかした時に抜け毛が多い」 と感じている方は、薄毛に一歩近づいているのかもしれません。
    今回は薄毛予防に役立つ「発毛」と「育毛」の情報についてまとめてみました。

    発毛と育毛の違い

    抜け毛でお悩みの方は「発毛」と「育毛」というよく聞く言葉の違いについてご存知でしょうか。
    「発毛」とは自分の髪が生えてくることをいいますが、一般的には抜け落ちた髪を再び生えてくるようにすることをいいます。
    「育毛」とは、現在残存している髪の毛の成長を助けて、太く長く抜けにくい髪に育てることをいいます。
    発毛と育毛は、髪に与えるエネルギーがそれぞれ異なるため、 現在のご自身の状況に合わせてどちらを選択したら良いのかを決めましょう。

    市販の発毛剤と育毛剤の違い

    名前が示しているとおり、発毛剤と育毛剤の目的は 生やすことと育てることでそれぞれ異なります。
    発毛剤と育毛剤についての詳しい内容は以下のとおりです。

    <発毛剤>
    発毛剤は、すでに髪が抜け落ちた状態となっている部分から、髪を生やすことを目的としています。
    ヘアサイクルに関わる指令を出している毛乳頭の働きを活性化させる成分を主に使用しています。
    医薬品に分類される発毛剤は細胞に強く働きかける成分を含んでいますが副作用のリスクが高くなります。

    血管を拡張して血行を促進することで毛根周辺に栄養が行き渡りやすくするミノキシジルという成分や、 過度に働いている男性ホルモンの働きを抑制することで抜け毛の進行を抑えるフィナステリドという成分が有名です。
    医薬品に分類される発毛剤に入っている成分には、血圧低下、頭痛、発疹、勃起不全などの副作用が報告されているので、 一般用医薬品(OTC)の中ではリスクが高いとされる第一類医薬品に指定されています。
    医薬品に指定された発毛剤を初めて使用する場合には、専門的な診断を行っている皮膚科のある病院を受診するか、 薬剤師のいる薬局で薬剤師による健康状態の確認後に購入することが望ましいでしょう。

    <育毛剤>
    育毛剤は、育毛環境をしっかりと整えることを目的にしています。
    髪は生えているけれど、細い髪や短い髪が増えている、また毛髪が全体にやわらかく、弱くなってきたという方、 更に今ある髪を抜け毛や薄毛から守りたいという方に向いています。

    抜け毛を予防する、フケ・かゆみ・炎症を抑えて頭皮の環境を良くするなどの成分が配合されている場合が多くみられます。
    発毛剤がすでに髪が抜けてしまった場合に使用するのに対して、 育毛剤は抜ける前の段階で予防的に使用するという違いがあります。
    発毛剤に比べて作用がマイルドな分、効果が弱くなるのは否めません。

    薄毛予防に!自宅でできる育毛方法

    髪を健やかに保つためには、生活習慣や食生活、ストレスなどの改善も重要です。
    薄毛予防のために、自宅でできる育毛方法をまとめてみました。

    <食生活>
    髪には栄養バランスの良い食生活が必要不可欠です。
    こってりとしたお肉や揚げ物などの油物を摂りすぎると頭皮の皮脂が過剰に分泌され、 脂性のフケが多くなったり、毛根に脂が詰まりやすくなったりするなど 髪の毛が抜けやすい環境になります。
    ドカ食いや不規則な時間に食事を摂るとで胃腸の機能が低下したり、 消化吸収ができにくくなります。髪に必要な栄養が行き渡りにくくなります。
    暴飲暴食は避けて一日三食規則正しいバランスの良い食事を心掛けましょう。
    髪に必要なタンパク質と、タンパク質の働きを促進するミネラル類(特に亜鉛やカルシウムなど)、 血行促進・頭皮の健康維持に必要なビタミン類という三つの必要成分は特に積極的に摂取するよう心掛けましょう。

    <睡眠>
    午後10時~午前2時に分泌がピークになる成長ホルモンは、毛髪の再生促進に必要なホルモンです。
    この時間帯は、とくに質の良い成長ホルモンの分泌が増えるといわれていますので睡眠の時間帯も調節することをおすすめします。
    夜にぐっすり熟睡できるように睡眠環境を整えるようにしましょう。
    寝る一時間程度前にぬるめのお風呂に長めに浸かると熟睡しやすくなると言われています。またストレッチで首や肩をほぐす、 朝に起きた時に明るい光を浴びる、寝る直前にはスマホやPCは見ないなどの習慣を取り入れることをおすすめします。
    その他ソファで寝ている人は、ベッドで集中して寝るようにしましょう。

    <運動>
    散歩やジョギングなどの有酸素運動を定期的に行う、また加えて無酸素運動も取り入れると幅広く筋肉に好影響を与えることになります。
    またジョギングは 全身の新陳代謝を促進する作用やストレスの解消にも期待できます。
    普段の日常生活で運動する習慣がまったくないという方は、軽いストレッチから始めたり、エレベーターではなく階段を使ったりするなど短時間の軽い運動から無理せず始めていきましょう。

    困ったときは専門家へ

    現在の自分の毛髪には、育毛ケアが必要なのか、発毛ケアが必要なのか色々な条件に基づいて判断するのは困難な部分もあります。
    毛髪ケアを専門的に行っている施設で相談し、頭皮・毛髪のチェックやマッサージ方法、 ご自宅で行えるケアなどの毛髪でお悩みの方に対して一人一人にあった対策方法を知ることができます。
    困ったときにはぜひ専門家のノウハウの活用をおすすめします。